Hiroki Okano

 岡 野 弘 幹






What's New



 

 

岡野弘幹 Hiroki Okano

お問い合わせ

070-1490-8335
ambiencemusic77@gmail.com (岡野弘幹事務局)

Hiroki Okano youtube
https://www.youtube.com/user/ambiencejp
Hiroki Okano facebook
https://ja-jp.facebook.com/pages/岡野弘幹/194201193983166








2020年の時空が音楽に!
岡野弘幹 X 地球暦
『QUANTUM LEAP BREEZE 』先行販売開始!
6月4日のリリースに先立ち、一足早く先行販売のご案内です。



太陽系時空間地図「地球暦」と岡野弘幹のコラボレーションも4年目。2020年は、激動の星回り であることを数年前から地球暦開発者である杉山開知氏よりお聞きしていました。 今作の作曲中である1月~3月にかけては全世界で新型コロナウイルスが感染拡大していく厳し い状況。100年前の世界大恐慌の際の星回りにかなり近い星回りであることから、精一杯の愛を 込めて製作いたしました。
地球暦音楽シリーズの [ The Time, Now ]のコンセプトについて少しだけ説明します。 3月20日春分からの一年間を一曲で表現。8秒ごとにチリンとなるベルが1日なので、およそ 50分で一年となります。新月・上弦・満月・下弦など朔弦望の音、二十四節気をもとにした自然 音など人の心拍数や呼吸に近い速度で進行するように工夫されていて、聞くだけで地球号の動き を体感できる音のカレンダーなんです。
そして最も注目なのが、太陽系の惑星が太陽を中心に向かい合う会合時には、惑星が持つ固有の 周波数が響き合う共鳴音が入っています。この周波数は実際にも降り注がれているもので、つまり 1年間に私達で感じるであろう惑星周波数を先に体験できる仕組みです。太陽系は常に共鳴の中 にある。そんな風にも言えるかもしれません。
今回のアルバムタイトルは『QUANTUM LEAP BREEZE 』。 これは「量子力学的な飛躍のそよ風」という意味です。 今回のコロナウィルスの最中、今までの枠組みでは進むことのできない問題が浮き彫りになって きました。同時に地球環境は改善の様子を見せているとも聞きます。 最近、インドのデリーからヒマラヤを望む写真を見ました。この大転機が地球に住まう全ての命 にとって幸せへの飛躍となるよう心から祈りこのCDを送り出したいと思います。

岡野弘幹




◎お申し込み方法◎
メールまたは、FBメッセージにて、郵便番号、住所、お名前、枚数をお知らせください。
事務局メール:ambiencemusic77@gmail.com
*希望される方には、岡野弘幹のサインも可能です。
*岡野弘幹の他のCDも一緒にご注文可能です。
*CD到着後、10日以内に同封の銀行口座にお振込をお願い致します。
*送料無料にてお届けいたします!

HIROKI OKANO『QUANTUM LEAP BREEZE 』 music for HELIO COMPASS 2020
定価:3300円(税込)
一般発売日:2020年6月4日(木)








ALUBUM 紹介-----------------------------------




太陽系の運行を壮大な譜面に見立てて1年を音像描写するという、これまでの音楽表現にないコン セプトである本シリーズにおいて、今回は2020年の時空感を見事に描ききったメモリアルな作品 となった。楽曲は1年間を1枚のCDに入るように時空を圧縮している。秒単位で暦要素を枠組み し、惑星の動きを追いかけながら宇宙の輪郭を音で浮き彫りにする作業は、まるで音楽を通じて 未来を追体験するようなシャーマニックな体験のようだった。本シリーズを手掛けた音楽家 岡野 弘幹氏とは4作目のコラボレーションとなる。これまで岡野氏が収集した民族楽器はスタジオを埋 め尽くすほど多岐にわたり、本作も全編にわたり作曲と演奏、サウンドデザインをしている。今 回はアイリッシュのフルート、ギリシャの弦楽器ブズーキ、そして多彩なアナログ・シンセサイザー が使われている。岡野氏が70年代から半世紀にかけて収集してきた機材をリペアし、これを機に 蘇った貴重な音色は、デジタルサウンドだけでは表現できない時の奥行きを、実に美しく壮大に 描いてくれた。世界各地でフィールドレコーディングした環境音の中は、イタリア・フローレンス の鐘と、パリのノートルダムのそばにあるセーヌ川に浮かぶシテ島の教会の鐘の音がセレクトされ ている。自然災害やウイルスなどの厄災、政治や経済の緊張など、世界的な転換点となっている 2020年だが、宇宙規模で地球人類がひとつの生命体として共鳴していく未来に希望を託し、本作 品を送り出したいと思う。



HELIO COMPASS has collaborated with Hiroki Okano, Japan’s leading ambient music composer, to craft this unconventional series of musical pieces. Through this project, the one-year movement of the entire solar system has been rendered to a grand musical score. The 2020 version, the fourth collaboration with Okano, is such a memorable work, remarkably representing the phase of the present time and space. The entire composition features an arrangement of sounds every few seconds. Each and every sound perfectly coincides with this year’s astronomical events, such as the 24 seasonal divisions and the moon phases, as well as major seasonal points on the calendar. The process of tracing the movement of each planet and transforming it into musical expression can be described as a shamanic experience which makes the music resonate with the sense of time and space. Okano himself worked on composing the entire soundtrack and playing all instruments, including the Irish flute, the Greek string instrument, bouzouki, and multiple analogue synthesizers. These are only a small part of Okano’s extensive collection of folk instruments which occupy almost his entire studio. In addition, Okano acquired some of these old instruments in the 1970s, repaired them and has cherished ever since. These vintage instruments sounded so beautiful that they amplified the effect of the complete composition to vividly express the depth of time, which could not be fully achieved

digitally. Okano captured varied ambient sounds through field recordings across the world, including the sounds of bells resounding in Florence, Italy and those of a church located in Île de la Cité, a tiny island in the Seine close to Notre-Dame, Paris.
From the beginning of the year 2020, we have been facing unprecedented challenges, such as natural disaster, the coronavirus crisis, and political and economical tensions. It is certain that these moments will be a major turning point globally. We are pleased to release this new musical piece, envisioning our new future in which humans will work in cooperation on this planet, in our universe.

CREDITS:
All songs written and arranged by Hiroki Okano
Natural sound designed by Hiroki Okano
Natural sound recorded by Hiroki Okano. Satoru Nakada. Miwafuku Recorded and Mixed by Hiroki Okano
Mastered by Hiroki Okano.Daichi Yuhara (studio you)
Concept designed by Kaichi Sugiyama (HELIO COMPASS)
Additional musician: MIWAFUKU. TeN. Junko Okano
Thanks to HIROAKI. ISAO SUDO.St Giga sound Designers union.
(P)&(C) HELIOCOMPASS & ambience.co.ltd








地球暦とのコラボ作品『Interplanetary Garden』
アメリカDOMOレコードより世界配信開。

2018年版をリミックス。さらに進化させより音楽的な作品に仕上げました。
50分の太陽系の旅!どうぞご一緒に!


I tunes
here is the pre-order link:(PCよりお入りください)
https://music.apple.com/us/album/interplanetary-garden-music-for-helio-compass/1458457823
Domo Store
Hiroki Okano - Interplanetary Garden: Music For Helio Compass
https://domorecords-store.com/products/hiroki-okano-interplanetary-garden-music-for-helio-compass








ALUBUM 紹介-----------------------------------






岡野弘幹と地球暦とのコラボレーションにより生まれた本作は、太陽系の運行を壮大な譜面に見立て、約52分で地球号の1年を音像描写するという、これまでの音楽表現にない型破りなコンセプトを、見事に昇華した形となった。52分の中には、春夏秋冬や四半期、二十四節気や朔弦望など、暦の要素が秒単位でフレームとなっており、宇宙の輪郭を正確に音でなぞって1年を浮き彫りにする作業は、音楽の持つ時の空間性に対する挑戦だったように思う。それは禅僧が限られた空間に宇宙を転写して禅の庭を作ることに似ている。
奇遇にも、岡野氏は今回の制作期間にインドの聖地アルナーチャラの大祭に招かれ巡礼の旅をしている。また奉納演奏で訪れた数千年前に建造された寺院群の中の、ナインプラネットテンプルと呼ばれる太陽系の天体を象徴している寺院も巡礼したという。古来、宇宙への探求は数学、語学や音楽などすべての学問のもとであり、信仰を含めて生活の基盤であった。護摩焚きをしながら祈る盛大な祭典の期間中に、アルナーチャラの一帯が停電するという瞬間に遭遇した岡野氏。雑踏が消えて町が静寂に包まれたその瞬間に機材を構え奇跡的に録音した雷の音が、楽曲の中でも印象的に季節を告げている。
様々な地球の命の響き、水の音、風の音、その空間に流れる音楽。
太陽系を俯瞰し地球の息吹を感じながらゆったりと時に身をまかせ、耳を傾けてほしい。禅の庭にただ座るように…



Interplanetary Garden HIROKI OKANO
This composition was crafted through the collaboration between HELIO COMPASS and Hiroki Okano, Japan’s leading ambient music composer. In this 52-minute musical piece, the one-year movement of the entire solar system is likened to a grand musical score and the year-long revolution of planet Earth is represented. This unconventional idea has taken shape as this impeccable rendition. The whole composition features an assortment of sounds every few seconds. Each and every sound perfectly coincides with this year’s astronomical events, such as the 24 seasonal divisions and the moon phases, as well as major seasonal points on calendar. Rendering the representation of one Earth year using sounds is a completely novel attempt to convey the concept of extensive time and space that resides in music. It seems the same as a Zen monk designing a Zen garden by creating a microcosmic image of the universe in a very small space.
Incidentally, Hiroki Okano was invited to the grand festival of Arunachala Hill, a holy place in India, and made a pilgrimage there in the midst of production. He visited several thousands-of-years-old temples to dedicate his musical performances. Some of these temples are called Navagraha temples, or also dubbed “the nine planet temples.” These separate temples enshrine nine deities respectively, each of which symbolizes major celestial bodies in the solar system. From ancient times in India, a fascination with the universe led people to delve into other studies such as mathematics, languages, and music. This spirit also built the fundamental wisdom of their lives, just as their religions did. During the festive highlight when sacred sticks were burnt and people offered prayers, Hiroki experienced the instant the whole area of Arunachala Hill was plunged into darkness due to a power outage. In that moment when the bustle vanished and complete silence embraced the entire town, he set up his equipment and tried recording. The sound of thunder that he miraculously captured at that time impressively heralds the season in this composition.
Varied ambient sounds, including resonance of life on Earth, sounds of flowing water and whispering wind, harmonize with the musical passages. Take your time to unwind, simply listen to the music and sense the vibrations of Earth, visualizing the solar system, just as if you were sitting on the floor in front of a Zen garden.









アメリカのDOMOレコードからコンピレーションアルバムがリリース。
喜多郎さんや宮下富実夫さん他、素晴らしいアーティストがコンピレーションされています。私も参加させていただきました。


MUSIC FOR SLEEP
と題されたアルバム
きっとゆったりと深い眠りへと誘ってくれると思います。

どうぞよろしくお願いします!



Domo Records to release Music For Sleep on February 8th featuring music by Kitaro, Dave Eggar, Hiroki Okano, Dino Malito and Fumio Miyashita
https://www.domomusicgroup.com/blog/2019/01/30/domo-records-to-release-music-for-sleep-on-february-8th-featuring-music-by-kitaro-dave-eggar-hiroki-okano-dino-malito-and-fumio-miyashita/








好評をいただいた前作『観音Avalokiteśvara』のシリーズ第2弾!

お陰様で発売するやAmazonランキング2位を獲得!

『龍宮Avalokiteśvara』
『私たちはほとんど水でできている 。
胎内の海 その深遠な響の奥へ』

とても深い瞑想的な響きになっています。是非体感いただきたいと思います!



VOL1 観音からVOL2 龍宮へ
岡野弘幹のサウンドプロデュースによるアーティスト三輪福とのユニット・振動性音波ユニットAvalokiteśvaraの第二弾!
自然治癒力を高めていく効果があるとされるCYMATICWAVE SOUND をフューチャーし、より深く、内なる宇宙の響きへ誘います。


amazonにて販売!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07K81SQWN/ref=sr_1_17…

<収録曲>

1 INTO THE OCEAN
2 IMMUNITY
3 AURA 2
4 MRIDIAN
5 CRYSTAL3
6 LIVER
7 CELL REGENERATION
8 SPACE SIGNAL
9 ALLERGY REMOVAL
10 VITALITY


HIROKI OKANO
native american flute, bamboo flute, gankdrum, you-kin, Tonkori, Ryukin,Koto, Sarangi, Access virus, Voice
MIWA FUKU
crystal bowl (made in Japan), koshi chime, Tenorin, Cone crystal, Hibachi wind bells, Planetary tuner
CYMATICWAVE SOUND ( ZENICHIROU OHNO)
NATURAL SOUND recorded by HIROKI OKANO & SATORU NAKADA
Dedicate for Dr.Sir Peter Manners


『CYMATICS 』とは、音が特有の形を作り出す性質の事を言います。
イギリスのマナーズ博士によって研究開発された音響療法です。人体の諸器官は固有の振動パターンで活動しており、身体の調子を崩したりすると、その振動パターンが乱れて不調和を起こすとしています。振動の乱れる箇所に健康な身体の周波数をあてることで、共鳴を起こし、自然治癒力を高めて行きます。
【Dr Sir Peter Manners(サー・ピーター・マナーズ博士)】
マナーズ博士は新生児黄疸の治療に世界中で使われている「青色光線療法」の開発者として知られています。1993年ダグハマーショルド最優秀賞受賞を受け,多くの人類への貢献によって「サー」の称号を授かり、WHOでも活躍。ハンス・ジェニー博士と共同研究、ハロルド・サクストン・バー教授との書簡による共同作業、更には第二次世界大戦終結までドイツにおいて研究されていた、人体内周波数の基礎的データを受け継ぎ、これらを人間の医療分野へ約半世紀の年月をかけて音響療法として発展させました。 アルバム・ジャケットのシンボルデザインは「地球暦」のご協力を得て金星と地球の周期から見えてくる宇宙の花「 Space Flower」をモチーフにしています


 






NEW [ The Time, Now 2018 ]CD 定価:2700円(税込)
立春より先行発売開始!



大好評の地球暦音楽シリーズ2018バージョンがついに解禁!
一年間の時の流れを約50分の楽曲にて表現。

自然界の音がふんだんに使われている究極のアンビエントCD!“空間(宇)と時間(宙)が織りなす太陽系交響楽が聞こえるようだ!”
_ー 佐治晴夫博士(理論物理学者・数理芸術学 提唱者)
3月21日春分の一般発売を前に、アンビエンスにても先行販売を開始致します。


ご住所、郵便番号、電話番号を明記の上、下記のアドレスまでメールにてお申し込みください。到着後お振込にてお支払いをお願いいたします!
(3日から1週間にて商品お届け予定)

特典:岡野弘幹直筆サイン入り&送料無料!お申し込みは、こちらまで・・・

ambiencemusic77@gmail.com

( 岡野弘幹の他の作品も合わせてご注文可能です!)

2017バージョンも絶賛発売中です!







NEW 『神々の色いろ』DVD 定価:4000円(税込)

〜Divine Colors Gods Speak Through Nature〜

全国有名レコード店、アマゾンにて絶賛発売中!
昨年に続き今夏もパリ公演決定!

パリと京都で絶賛をあびた、あの映像と、あの音楽が、
今、ここによみがえる!
約10万枚の写真をつなぎ合わせた映像と心安まる至福の音楽で織り成す珠玉の映像叙事詩!

『神々の色いろ』

東の空がだんだんとオレンジ色に輝き初め、
やがて太陽が顔を出し、朝がやってくる。

西の空を黄金色に染めながら太陽が沈み、夜がやってくる。

厳しい寒さを乗り越え、やがて春になり、
そして暑い夏をむかえ、恵みの秋となり、
また冬が訪れる。

海、山、川、空、雲、月、太陽。

季節や時間とともに変化する、色いろ。
あらゆるものに神が宿ると考え、祈りを捧げてきた日本人。

ここに美しきニッポンがあります。
どうか皆様のココロに届きますように。

Music: 岡野弘幹
Movie: 坂本憲司

"Divine Colors" is woven together by soothing blissful music and about hundred thousand breathtaking photographs of Japan. The changing colors of nature with seasons and time..
Japanese people have believed that god dwells in all things and worshipped Nature since the dawn of time.Here, you'll find the beauty of Japan. May it touches your heart and soul.

全国有名レコード店、アマゾンにて販売しております。
http://amzn.asia/dFgjMKq

こちらからも申し込み可能です!

ご住所、郵便番号、電話番号を明記の上、下記のアドレスまでメールにてお申し込みください。到着後お振込にてお支払いをお願いいたします。
(3日から1週間にて商品お届け予定)

特典:岡野弘幹直筆サイン入り&送料無料!

お申し込みは、こちらまで・・・

ambiencemusic77@gmail.com

( 岡野弘幹の他の作品も合わせてご注文可能です!)






hiroki okano

『WATER GODDESS』 HIROKI OKANO

水の女神と題したこのアルバムは岡野弘幹が多彩に彩るアコースティックな楽曲と屋久島を始め全国の聖地でフィールド録音された水の響が交わり聖なる水の旅へと誘います。「AQUA」などの名盤からコンセプチュアルにベスト編集された、アコースティックアンビエントの決定版、アメリカのDOMOレコードよりこの秋ワールドリリース。日本国内盤オリジナルステッカー付。


アルバムタイトル:WATER GODDESS
アーティスト:岡野弘幹
品番:DOMO-73238-2
価格:2,500円(税抜)
発売日:2017年10月10日

試聴・デジタル配信はこちら;
https://itunes.apple.com/us/album/water-goddess/id1134763867


収録曲:
01. Mountain Song (2:21)
02. Daystar (3:23)
03. Haruka (8:13)
04. Spring Snow Ⅱ (6:30)
05. Hototogisu Ⅱ (5:04)
06. Amano Kawa (5:01)
07. Pure Child Ⅱ (5:07)
08. Hamon (7:29)
09. Mitsuki Ⅱ (5:12)
10. Sirena (6:11)

クレジット:
HIROKI OKANO
Keyboards,Native american flute. Bamboo flute.
Koto. gankdrum. Percussion. Bouzouki.
Piano. Vocal

All songs written by HIROKI OKANO
All songs arranged by HIROKI OKANO
Natural sound designed by HIROKI OKANO

Additional musicians
M05 KOSEI YAMAMOTO (Soprano saxophone)
M09 KAZUKI IIDA (Piano)

produced by HIROKI OKANO
directed by HIROKI OKANO
recorded & mixed by HIROKI OKANO, RYOICHI FUKUMOTO. HIDEO AMINAKA
recorded & mixed at INTERLINK STUDIO & MOON STUDIO OSAKA
photography Kenji Sakamoto







『RETURN TO THE SOUL』 HIROKI OKANO

聖地への旅の中で生まれた祈りの旋律。『魂の帰還』をテーマに織りなされる壮大な音世界。太古から未来へ時空を超える岡野弘幹の今がここに。
来年公開の映画『PEACE NIPPON』(中野裕之監督)挿入歌TOPANGA CANYON他、新曲を収録しアメリカのDOMOレコードよりこの秋ワールドリリース。日本国内盤オリジナルステッカー付。


試聴・デジタル配信はこちら;
https://itunes.apple.com/us/album/return-to-the-soul/id1134775860


アルバムタイトル:RETURN TO THE SOUL
アーティスト:岡野弘幹
品番:DOMO-73237-2
価格:2,500円(税抜)
発売日:2017年10月10日


収録曲:
01. Topanga Canyon (3:13)
02. Rimpa : Cosmos (3:57)
03. Rimpa : MiyabiI (3:19)
04. Rimpa : Spring Storm (4:51)
05. Garden Of Wind (4:09)
06. Range Of East Mountains (1:17)
07. Moon Mountain (7:33)
08. Mantra Of Light (Koumyou) (6:47)
09. .JP (5:25)
10. Return To The Soul (4:01)
11. Peace On Earth (3:15)


クレジット:
HIROKI OKANO
Keyboards. Native american flute. Bamboo flute.
Koto.gankdrum.Percussion.Bouzouki.
Piano.Vocal

All songs written by HIROKI OKANO
All songs arranged by HIROKI OKANO
Natural sound designed by HIROKI OKANO

Additional musicians
M05 Masahiro Bessho (Udo drum)
M08 Nobuto Masazane (percussion) TeN (chorus)

produced by HIROKI OKANO
directed by HIROKI OKANO
recorded & mixed by HIROKI OKANO & MANABU URABE
recorded & mixed at MOON STUDIO OSAKA
photography Kenji Sakamoto



お問い合わせは・・・
有限会社アンビエンス
ambiencemusic77@gmail.com

070-1490-8335






hiroki okano RETURN TO SOUL


”時が音になる”


太陽系時空間地図 地球暦 音楽シリーズ
[the time now,]2017バージョン
H.C. 2017.03.20-2018.03.20


このCDは、2017年3月20日 春分からの一年間を一曲の楽曲にしたものです。地球暦の天体位置計算をもとに、一年を忠実に縮尺再現し、地球の一年の運行を約50分で再現しています。二十四節気、朔弦望、春夏秋冬の四季の環境音など、人の心拍数や呼吸に近い速度で進行するように工夫されており、聞くだけで地球号の動きを体感できます。その他、惑星会合の日に使用している音源は、惑星の持つ各周波数を音叉でサンプリングしたもので、倍音を重ねることで、惑星の会合〔結び・開き〕の時には、惑星の倍音がうねりとして聞こえてきます。ヘッドホンサウンドやスピーカー、またはオーディオのボリュー厶などにより音色・音質が変わりますのでお楽しみ下さい。


This CD contains musical work expressing the movements of Earth and the other planets in our solar system during the year 2017, beginning March 20th, the day of Vernal Equinox. Based on planetary position computation by HELIO COMPASS, the representation of the one-year movement of Earth together with other planets continues for a period of approximately 50 minutes. The whole composition progresses in accordance with the speeds of the human heartbeat and breathing rhythm so that you may naturally feel the journey of planet Earth through the year 2017. The music also accentuates each event such as the 24 seasonal divisions of the lunar calendar year and the phases of the moon, with each occasion expressed through ambient sounds. The sound sources used to strike each day of planetary conjunction and opposition are sampled from the frequency of each planet using a tuning fork. Overlaying harmonics of each planet frequency produces distortions at the timings of conjunction and opposition. The overall tone quality will vary depending on a type of audio equipment (headphones or speakers), and the volume of the audio device. Enjoy the subtle differences of this resonant planetary music.


■定価:¥2,700(税込)


今ご注文いただくと送料無料!!

・ご注文、問い合わせは、お名前、ご住所(郵便番号から)、電話番号を明記の上、 以下のアドレスへメールでお願い致します。振込先を返信させて頂きます。

ambiencemusic77@gmail.com

・または、Ambience label のFBページのメッセージにてお願い致します。

https://www.facebook.com/pg/ambiencelabel/about/






『観音 Avalokiteśvara』

音響療法の生みの親 Dr.マナーズによる「サイマティック・サウンド」を基調に、自然楽器による繊細でゆたかな響きは、ホリスティックに調和し柔らかな「音の波」を生み出していきます。

気がつけば時間という概念は消えていく。あるのは今ここ。


心身の癒し・リラクゼーション・オーラ調整・集中力の持続、そして清浄な空間の創造に、瞑想・ヨガ・レイキ・ヒーリング・修験など、各界のオピニオン・リーダーから「観音 Avalokiteśvara」をご推奨頂きました。 アルバム・ジャケットのシンボルデザインは「地球暦」のご協力を得て、金星と地球の周期から見えてくる宇宙の花「 Space Flower」をモチーフにしています。

■定価:¥3,300(税込)お問い合わせは下記へ

TOWER RECORDS

amazon

FACEBOOK







岡野弘幹CD、DVD販売協力店募集!
その他岡野弘幹に関するお問い合わせもこちらまで。


有限会社アンビエンス
担当:岡野純子

ambiencemusic77@gmail.com


070-1490-8335



 




Profile

岡野弘幹 1964年生まれ。音楽家・演出家・プロデューサー。

1990年、ドイツIC DIGITレコードと専属契約しアルバムを全世界発売。 現在までに17作のソロアルバムを発表している。 世界の民族楽器を多彩に演奏し日本的感性で透明に彩られた楽曲は海外、欧米メディアで 日本を代表するアンビエント・アーティストの一人として高く評価される。

地球響命をテーマにネパールの「ボダナート寺院」やマルタ島の「ハイポジウム地下神 殿」、 天河神社など世界の聖地・自然遺産・全国の著名社寺などでの演奏を多数行っている他、 映画やテレビ番組、CM等へも楽曲を多数提供している。

「天空オーケストラ」「風の楽団」でのバンド活動も精力的に行い、 92年には北米インディアンを代表する音楽家、R・カルロス・ナカイ氏と アルバム『Island of bows』を全世界発売、翌年アメリカツアーを行う。

イギリスの著名プロデューサー、デイブ・グッドマン氏に認められ、アルバムプロデュースやヨーロッパツアーを実施。 世界最大の音楽祭「グラン ストンベリーフェスティバル」にはグループ、ソロを通じて10年以上の出演経験を持つ。 海外アーティストとの共演も多数。

音楽監督としては
2004年よりJUNKO MAEDAパリコレクション、2005年より京都ファッションカンタータ等の音楽監督を多年に渡って務める他、 2014年にはイスタンブールにて山本寛斎プロデュースの「日本トルコ国交90周年イベント」での音楽監督と演奏。 また2015年秋には、京都国立博物館での「大琳派祭プロジェクションマッピング」にて音楽監督と演奏を務める。

Hiroki Okano: composer and music producer, born 1964

Hiroki Okano started his solo music career in 1987. In 1990 he signed an exclusive contract with German recording company IC DIGIT, which distributes his albums worldwide. By fusing together natural sounds, digital sounds, and the sounds of a variety of folk instruments from all over the world, he renders a feeling of awe and thanks to nature based on his own Japanese sensibility. The resulting creations have been highly appraised.

He has produced numerous musical pieces for TV commercials, TV programs, and image products. In addition, he has created a sound installation performance in which more than one thousand original wind chimes are used to create a sound space that communicates the feeling of being in nature. He has performed this at 20 venues both at home and abroad, and international media have featured this performance as a work of one of the ambient artists who represent Japan.

He has been trailblazing force in a number of citizens’ movements, been an organizer for various environment events and festivals including the Rainbow Festival, and been involved in such events as the International Dolphin & Whale Conference, International Underwater Film Festival Yokohama as music director, and a concert in Japan that used solar electric generation.

As a prayer for a world without any wars, in 2000 he took a torch lit from the Hiroshima Peace Flame, a flame originating from the embers of the Hiroshima atomic bomb, to the Glastonbury Festival in England and to the Imperial War Museum in London, and in 2001 he held a peace ceremony using the flame in cooperation with the Hawaiian legislature at Pearl Harbor in Hawaii.

In 2002 he visited Afghanistan shortly after an air raid to hold a peace concert together with street children in Kabul. In 2004 responding to a call from Chief Arvol Looking Horse, a Native American leader, he worked as a member of the secretariat and helped organize the World Peace & Prayer Day 2004 which was held at Mt. Fuji with aboriginal elders from around the world being invited.

In 1991 he began performing with the folk instrument ensemble group Wind Travelin’ Band and has performed many concerts with them in Europe, the United States and Japan. They also released an album, ISLAND OF BOWS, with R. Carlos Nakai, a performer of the Native American flute, and followed that up the next year with a successful joint tour.

In 1994 Okano formed the TENKOO ORCHESTRA. At the major RAINBOW 2000 event he performed with former Yellow Magic Orchestra member Haruomi Hosono, and in 1999 and 2002 he performed at the FUJI ROCK FESTIVAL. The late Dave Goodman, a former producer for the Sex Pistols, spotted Okano’s talent and helped arrange for him to perform at the world renowned Glastonbury Festival UK, where he has now performed for more than ten years.

In 2002 Okano joined with Celtic musician Nigel Shaw and Native American Guillermo Martinez to form the trio called BAMBOO CEDAR OAK, and they have performed around the world, particularly in Europe. They participated in the 9/11 memorial concert at Riverside Church in New York.

His recent solo work includes directing the music for the JUNKO MAEDA Paris Collection and the Kyoto Fashion Cantata, since 2004 and 2005, respectively. In 2009, he received special permission from the Maltese government and performed and made a recording at the 5600-year-old Hal-Saflieni Hypogeum, which is a UNESCO World Heritage site located on the Mediterranean island of Malta.

In 2010 he provided a musical composition for the Osaka exhibit at Shanghai Expo. He also played an opening track at Africa Day Symposium at the United Nations University in the presence of the Crown Prince. In 2011, he composed a piece for world famous violinist, Iwao Furusawa, and wrote the theme music for the Hanshin Tigers baseball team that is played before the start of games at Kyocera Dome Osaka.

At present, based on the theme of Resonance of the Earth, Okano is active as a composer and passionately performing his compositions at sacred spots and natural heritage sites around the world.



Discography